ケンタッキーフライドチキンを運営する日本KFCがピザハットを売却することになってるが、ピザハットが累積赤字が30億円になっている事には驚きました。

私の家もピザハットによく出前を取ることがありますし、何より美味しいので好きでした。

ただ、経営不振が売却の理由ではとニュースでやっていましたが、米本社と日本KFCの経営に対する考え方の違いが理由とも言われています。

経営に対しての考え方、価値観の違いでの分裂などよく聞く話です。

以前も大塚家具の問題も経営に関する考え方や価値観からの相違により起こった問題です。

人と人なので価値観の違いは出てくるとは思いますが、その事により働いている従業員はどのように考えるのでしょうか。

私がもし、同じ立場なら不安で仕方がない状態になります。

最近は特に経営不振や後継者不足により、M&Aによる合併や合弁が行われるようになってきていますが、経営方針が180°変わることもあると思います。

その場合、働いている従業員は戸惑いを隠せなくなり、一時更に経営悪化になるのではと思います。

そのために、働いている全従業員が戸惑う事がなく、スムーズに取り入れる事の出来るシステムを構築する必要があると思います。

カードローン 比較
数ある銀行カードローンの比較でどれが一番金利が安く安心して使えるかをまとめました!