生涯、学びは続くことの再確認

学ぶ=学校の勉強
そんな風に考えている方は少ないかもしれませんが、40代50代にもなれば「なにを今さら勉強なんて」と考える方は少なくありません。
学ぶ意欲が減退しトーンダウンしてしまっている方に向けていいたいのは
「学びとは一生涯つづけなくていけないもの」
ということです、
人は
まして、サラリーマンを続けている限り
常に成長したいと思うのが当たり前です。
サラリーマンならそれは「収入」「役職」となって返ってくるからです。
生涯学習
それがわかってはいても実践されにくいものでもあります。
そこでおすすめな方法があります。
それは1~2年単位で学ぶことを変えていくやり方です。
21世紀は情報の時代です。
それも各分野が入り乱れて相互に影響し合う魑魅魍魎の世界なのです。
そんあんじだいだからこそ幅広い見識が問われるのです。
風が吹いたら桶屋が儲かる
そんな発想が必要な時代です。
今までは専門バカが重宝されてきあmした。
その分野では誰も右に出る者がいないほどの卓越した知識が大切だったのです。
しかし、いまやそんな知識はネットで調べればかなり簡単に出てくる時代です。

知識よりも一会が重要な時代になりつつありあmす。
杖とは決断や判断です。
そこには幅広い観点から物事を見なければいけないのです。

ですので、あえて自分の今までの経験や知識から遠く離れたジャンルのものを学ぶ機会を探すことも良いはんだにゃ決断を下すのに役立ちます。
どうしても自分の世界の殻に閉じこもった世界では時代の流れが読み切れないことも多くあるのです。

ネットの世界ではかんたんにわかることであっても、実際に自分が経験や勉強をしてみないと分からないこともたくさんありますし、それこそ貴重な経験であり学びなのです。

ひとつのことをあるy程度のレベルまで極めたら、あっさりその分野の勉強をいったん横に置いて、あえて新しいジャンルのことを研究学びだす。
年齢を重ねれば新しいことにチャレンジすることが年々億劫になります。
しかし、それを乗り越えて新しいことの学びをすればいつまでも若々しく、そして新しい発想が生まれてくるのです。
それがサラリーマン人士絵においてどれほど有益なm個の課?
毎日ルーティンワークばかりしているとどうしても発想が凝り固まってしまいます。
世の中の流れがわからなくなります。
常に学びましょう。
そして、常に新しいジャンルの勉強にもチャレンジしてみましょう。
ソラノメ soranome 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です