プライドがモテないから仕事が辛いのです

「あの人はプライドが高い」
そういう人はとかく
うぬぼれが強い人?
高慢な人?
鼻もちならない人?
自慢ばかりする人?
威張っている人?
と思われるかもしれません。
プライドって意外とネガティブなイメージが付きまといがちです。
でも、これってプライドをはき違えているのではないでしょうか?
本当のプライドってそういうものではないのです。

本体のプライドとは、
自分の存在や仕事に自信を持つこと
だと思います。
その結果、プライドが高い人は、自分が関わる仕事位に対して妥協を許さず愛情と誇りをもって、どんな場合でも最大限の努力をします。
ですから、私はプライドの高い人ほど仕事のうえでは信頼できると考えています。

後にサントリーホールディングスの社長などを歴任した新浪剛史さんは三菱商事からローソンの社長に就任し茶の葉まだ40代半ばでした。
今では40代での社長抜擢は珍しくありませんが、当時はかなりセンセーショナルだったのを覚えています。
新浪さんをトップに据えたのはまさしく慧眼といえて、その後のローソンはコンビニ業界の存在感を大きく増したのはご存知の通りです。
新浪さんがローソン社長になって最初に行ったのは、ローソンの社員にプライドをもたせることだったのは有名な話です。
当時のコンビニ業界はガリバー企業のセブンイレブンが牛耳っていました。
ローソンの社員はセブンイレブンに対して
・店舗数
・商品力
などなどなにをとっても
「うち(ローン)はセブンイレブンにはかなわない」
と負け犬根性が染みついていたのです。
これでは成長の障害になると進奈美さんは主任早々
「なにかひとつでいい!
 業界トップになればプライドがモテるようになる」
と高級おにぎり路線を打ち出し、大ヒットさせました。
この大ヒットをきっかけに社員たちにもプライドというものが覚醒し
「打倒!セブンイレブン!」という士気が高まったということなんです。

本当の意味のプライドは
自分の生き方が各地るされていて、さらにその生き方を全力で追求しているという自信と確信と誇りから産まれます。
その結果、プライドの高い人からは常に自分自身の考えを大切にし、かつ何事にもぜんりょくであたるのでいい加減な仕事はできないのです。

成功者とは
・プライドを常に高く持ち
・そのプライドにふさわしい行動をとっている
ものです。

プライドが高くなければ仕事を楽しくこなせません。
納得のいく仕事ができた時の高揚感は何物にも代えがたくそれが仕事のだいご味でもあるのです。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です