どんな仕事でも工夫すれば楽しくなる!?

夏の暑い朝も、冬の寒い朝も毎日休まず会社に行くことは、よくよく考えてみるとすごいことですよね。
そして会社では与えられた仕事をこなしていく。
毎日毎日これを繰り返していると、なんとなく虚しさを感じる人も多いんじゃないでしょうか。
生活費を稼ぐために仕方なくやっているんだということも多いと思いますが、同じやるなら楽しく仕事できたほうがいいですよね。
楽しく仕事をするといっても、休憩と称して会社の給湯室や喫煙所へ頻繁に行ってしゃべっている人を見かけますが、そういうことを言っているのではありません。
楽しくしっかりと仕事をこなしていくということです。
どんな単純作業であっても、楽しくする工夫は大切です。
たとえば、タイムトライアルです。
「今度はもっと早く仕事を終わらせよう!」と強く思って仕事に取組み、実際に早く終われば達成感を味わえます。
これを繰り返していけば楽しくなるし、仕事も早く終わらせることができて時間に余裕が生まれます。
単純作業であっても楽しく仕事をする工夫は結構あるものです。
楽しく仕事ができるのは別に単純作業だけではありません。
プログラミングは、その仕事自体が楽しいものです。
プログラミングの経験がない人からすると、「本当に!?」と思ってしまうでしょう。
確かに大変な作業も多いですが、自分の作ったプログラムが実際に動いた時の感動は何にも代えがたいものがあります。
しかも、転職市場ではプログラミングスキルを持った人の需要は引く手あまたです。
完全に売り手市場なので、プログラミングスキルがあるというだけで有利になります。
プログラミングは、学校教育でも必須教科になったことでも注目度が高まっていますね。
「自分はアラサーでもう手遅れ」なんて思うことはありません。
今はプログラミングスクールも充実しているので、昔に比べてプログラミング習得のハードルは下がっています。
特におすすめのスクールはコーチテックです。
よくある受け身の授業ではなく、コーチングスタイルを採用しているので、挫折することなく、効率的にプログラミングの習得ができる仕組みになっています。
効率的なので、他のスクールに比べて値段も良心的です。
コーチテック 値段
今の仕事がイマイチ楽しいと感じられないなら、プログラミングスキルを身に着けることをおすすめします。
プログラミングスキルを身に着ければ、プログラミング自体が楽しく思えるでしょうし、タイムトライアルなど、仕事を楽しくする工夫をすれば、さらに楽しく仕事ができるようになっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です